2006年5月12日金曜日

電車の中でそれはないだろう・・。

いつも、本を読んでいます。

仕事がIT系だから、技術書読んでる時もあれば

小説読んでる時もあります。


でも、今日は電車の中でビジネス書を読んでいました。

田坂さんの「企画力」という本。

なんともまー、かっちょいいじゃないですか。

朝の光を浴びながら、電車の扉部分にもたれかかり、

さわやかな顔をして、かつ賢そうに、

その本を読んでいたわけですよ。


すると、なんかいつもと違う。

なんとなく、「あ、俺いつもとちょっと違う」

なんて思ってきたわけです。


これも、本のせいかな。なんて思ってたら

なんと、ズボンのチャックが全開じゃないですか。


これはもう大ピンチです。満員電車だったらこそっと

締めれるかもしれないのに、

ぜんぜん満員なんかじゃない。


しかも、「俺注目されてる」(と勘違いしている)

状態で、誰にも気づかれずにチャックをしめるなんて、

そんなこと、俺にはできない・・・。


そこでまず取った手段は、

1.さりげに左手をズボンのポケット近くに。

2.上着に隠れてることを祈って、指を伸ばせるだけ伸ばす

3.手が釣りそうなぎりぎりのところでチャックに指が届く

4.秒速0.5センチで少しずつチャック上昇

5.およそ30秒後、ゴールに到着


以上、長い戦いでした。

でも、だいぶと成長したと思います。

みんなも、どんどん自分の限界にチャレンジしてください。