2008年1月7日月曜日

過剰包装について

カルビーのかっぱえびせんが


とまらない、にいまです。


完全にカルビーの策略にはまってます。


さて、昔から思ってたのですが


世の中には過剰な包装サービスってありますよね。


贈り物の時の包装紙とか。


いったい、何回めくれば、モノが出てくるんだ!とか思います。


それとは少し話しがずれますが、


ちょっと過剰な包装意識について。


コンビニや薬局で、コンドー君を買うとします。


普通の商品の場合は透明な普通の袋で


商品を入れてくれますが、


その商品の中に、ひとつでもコンドー君があった場合


今まで透明な袋に入れてくれた商品をわざわざ取り出してまで


透明でない、銀色の袋なんかに入れなおしてくれます。


これって、なんか意味あんの?


透明な袋なら商品の中身が透けて見えるのが気になる人とか


いるってことなんかな?


誰も人のスーパーの袋の中身なんて見ないんだし、


逆に、色つきの袋持ってるほうが目だたね?


というのを、今日キリン堂のレジに並んでた兄ちゃんを見て


思いました。兄ちゃん目だってるよ




さて明日から仕事スタートです。


今年も楽しくがんばりましょう!