2009年11月8日日曜日

男前とマヨヌードルが今宵はいい

今日は、夕方から京都の高台寺の近くにある


ソウドウ」で高校時代からの友人の結婚式がありました。


何度か知り合いの結婚式で行かせてもうらうけど


いつもながら、素敵な場所ですね。


雰囲気がすばらしく、料理もおいしい。


ザ・ガーデン・オリエンタル」というレストランもやってて、


昔一度行きましたが、お洒落でした。


ここいちで、びしっと決めたいときは、是非ご利用ください。


 


そして、そんな素敵な場所で結婚した友人は、


久しぶりに会いましたが、相変わらず男前で


ほれぼれしますね。


とても幸せそうでした。


おめでとう!


 


で、帰ってきてから、小腹がすいたので、


カップヌードルBIGを食べました。


映画「恋愛写真」で、広末涼子がやってておいしそうだったので


マヨネーズをぶっかけて食べました。


その名も「マヨヌードル」。


さて、おいしいでしょうか?


・・・


・・・


・・・


正解は、「おいしい!!」


 


うーん、やっぱり夜中のマヨヌードルは最高ですね。


 


マヨネーズの賞味期限が、1ヶ月前に切れてるのに


気づかなければですけど。



(大丈夫かな・・・)

2009年11月5日木曜日

それは月曜の帰宅中の電車から降りた時のことだった

基本的に電車の中ではメガネをはずしてポケットに入れてます。
特に何かを見る必要もないし、目の休憩の為なんだけど、
月曜に、ホームタウンの駅について、さてメガネをかけようと
ポケットから取りだしたら、
なんと!
なんと?
な、な、なんと!?
メガネの片方のフレームがぽっきり折れているではありませんか。

うむ。
うむ。
うむむ。

思わず、その場に立ち尽くしました。

僕はこれからどうすればいいのでしょうか?
帰りの道端に犬のうんち君があったら、
僕は避けて通ることができるのでしょうか?

そんな悩み事を抱えながらも、無事に家までは辿り着いたのですが
メガネはどうしても修復不可能でした。

フレームが半分ないメガネを強引にかけ、
晩御飯を作り、テレビを見て過ごしました。
これが案外と使えて、このまま乗り切れるかな?
と思ったのですが、鏡の前に立つと、やはり無理な事に気づき
失意のまま、眠りにつきました。

そして翌日、近所のメガネ屋に駆け込み、
メガネを作ってもらいました。

しかしメガネ選びは難しい。
店員は、どれも似合ってるとかいうし、メガネを選んでるとはいえ
いつまでも鏡を見てポーズを取る自分も恥ずかしくなってくるし。
ふ~なんだか疲れた。
メガネが俺に与える影響ってこんなにデカイんだなって気づきました。

そして、今日、そんなメガネチェンジに誰一人気づきませんでした。

自分のメガネが人に与える影響なんて皆無なんだなって気づきました。

2009年11月2日月曜日

【NZ新婚旅行】いよいよ出発

11月15日(土)に結婚したんだけど、次の日から旅行に行くのは

正直体力的にしんどいなって思ったので、翌週の金曜日から行くことにしました。

これ、結構正解で、結婚翌日も何かとバタバタしたり、家の片づけしたりだったので

時間をおいてよかったなーと思います。

20日(木)に、仕事から帰ってきて、あわただしく用意をします。

NZは夏なので、薄手の服をコロコロ付きのキャリーケースに

二人分詰め込んで、あとの細かい荷物は二人ともリュックに詰め込みました。

二人とも荷物が少ないので、キャリーケースも嫁が持ってた小さいもので入りました。

自分たちだけでの移動なので、荷物はなるべく少なめがよかったです。

21日(金)の朝に、近くのジョーシンでデジカメ購入して、昼前に家を出発。

近鉄で難波まで出て、南海特急ラピートで関空まで行きました。

関空では、格安航空券だったので、もちろん旅行会社の人はおらず

自分でNZ航空のカウンターに行ってチケットを交換しました。

カウンターは、関空の隅の方においやられてましたが、

並んでる人を見ると、日本人が結構多い。

家族連れなんかもいましたが、NZに行くのはツアーじゃない人も結構多いんですね。

それが終わると、関空でいつも使ってる丼屋で、かつ丼を食べました。

(といえば、出来るビジネスマンらしいが、実際はまだ3回目。)

その後、出国手続きするまえにちょっと休もうと椅子に座ってたら

寝てしまいました・・・。

「はっ!」と起きたら、予定時間の15分前。

余裕のよっちゃん、って思ってたら、実はこれ出発の15分前だったみたい。

出国手続き中に、館内に僕たちを呼ぶアナウンスが・・・。

もうBダッシュで、駆けつけたら、搭乗終了3分前のぎりぎりで間に合いました。

金曜日だった為か、出国手続きがガラガラでよかったです。

さてはて、とうとう現地に向かって長旅スタートです。